都内納骨堂を導入する方法とは

投稿日:

都内の納骨堂で遠く離れた場所に、いてもパソコンを通じて亡くなった方への慰霊や思い出の共有ができるようになります。クラウドメモリアルは、ウェブストレージ活用により故人の思い出や記録をデジタル形式で、保存できるクラウドメモリアルが登場しています。都内の納骨堂で写真ビデオ文章などをデータ保存上に、アップロードし永久的に保管することができます。これにより家族や友人がいつで、もアクセスしてその人とのつながりを感じることが出来ます。

ネット追悼イベントは、クラウド用立てによりオンライン上での供養イベントが開催されるようになります。都内の納骨堂で遺族や参加者は、ビデオ会議などを通じて集まり故人への思いを語ったり共同で祈念の儀式を、行ったりします。ウェブディスクの簡便なアプリケーションを活用することで場所や時間の制約を、超えて慰霊を行うことができます。リモート参列とライブストリーミングは、クラウドを用立てしたライブストリーミング技術により遠く離れた場所からでも追悼の儀式や告別式に、参列することが出来ます。

遠方に住んでいる家族や友人もビデオ会議などを、通じて参加し亡くなった方への最後の別れを共有することができます。電子的なメモリアルスペースは、データ保存上にコンピュータメモリアルスペースを構築することで故人への思い出やメッセージを、永続的に保存することが出来ます。サイバーメモリアルスペースは、複数の人が同時に編集やアクセスができるため家族や友人と共有しながらその人の思い出を、つなぎマッチしることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です