ペットのお墓はどうすればいい?

大切なペットを亡くしてしまった時、お墓はどうすればよいのでしょうか。家族同様の大切な命だとしても、人と同じお墓に入ることはできるのか、どのような供養方法が最適なのかよく分からないという人は多いはずです。ペットの供養方法は、多様化しています。複数の方法があるので、自分たちに合った方法を選択して後悔のないようにすることが大切です。

まず一軒家に住んでいるならば、自宅の庭にお墓を建てるという方法があります。ペット霊園などで火葬を済ませた後、自宅の庭にお骨を埋葬する方法です。集合住宅に住んでいる場合は、仏壇を用意して室内で供養してあげることができます。お骨を全て骨壷に納めなくても、一部を持ち帰り骨壷やペンダントなどに入れて供養する方法を選択する人もいるようです。

民間墓地や寺院などで、供養する人も多いです。ペット霊園にお墓を建てたり、納骨堂にお骨を納骨したり様々な方法があります。中には永年供養をしてもらうことができる場所もあるので、手入れなどが不安という人も安心です。宗教上や倫理上の理由から、ペットを飼い主と一緒に供養することができる霊園はあまりありません。

同じ区画内で別々に埋葬することは可能となっています。自宅にお墓や仏壇などを置いて供養を行うと、亡くなってからもその存在を近くで感じることができるという良さがあり、いつでも手を合わせることができるのも魅力的なポイントであると言えるでしょう。家族でよく話し合い、自分たちにとって最善の選択をすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です