ペットのお墓はどのように作るのか

愛するペットともいつかはお別れの日がやってきます。人間とは供養方法も違いますので、元気なうちからどのような形で供養をするのかも考えておきたいところです。金魚や小鳥など比較的小さい動物であれば、そのまま庭に埋めることも可能です。猫や犬などある程度の大きさがある動物の場合は、火葬も考えていきたいところです。

ペット火葬は専門の葬儀社に依頼することもできますし、自治体にペット専用の火葬炉がある場合は自治体に依頼することもできます。専用の火葬炉がない場合は、ゴミとして処分されてしまうことになり、遺骨を取り戻すことは困難になります。自治体に依頼する場合はどのような対応がされているのかも確認しておきましょう。ペット専用の火葬炉がある場合も、合同での火葬になると遺骨を手元に戻せなくなります。

遺骨を残したい場合は、少し料金は高くなりますが、個別火葬がおすすめです。お墓をどのように作るのかも決めておきたいところですが、庭など埋葬するスペースがあればそこにお墓を作ることができます。墓標には専門の墓石も販売されていますし、そうしたものではなく樹木を墓標にすることもできます。マンションなどの集合住宅に住んでいる場合は、室内での供養が一般的です。

専用の仏壇に遺骨や写真を安置することもできますし、手作りで仏壇を用意することもできます。より本格的にお墓を作りたい場合は、ペット霊園や納骨堂を利用することも考えてみてはいかがでしょうか。個別に供養することもできますし、合祀という形で供養する方法もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です