ペットが死んだらお墓はどうすれば良いのか

一緒に生活してきた犬や猫などの動物が死んでしまった場合、何をすればいいのでしょうか。ショックのあまり何も手につかない、という人もいるかもしれませんが、大切にしていたからこそ丁寧に供養してあげたいところです。そこで、今のうちに考えておきたいのがペットのお墓についてです。生き物ならいつかは訪れる死のことには、元気な時にこそ考えておくことで不安のない日常を送ることが出来るでしょう。

ペットのお墓事情については、最近は人と同じく納骨堂や永代供養の霊園などを選ぶ人が増加中です。また、近年注目されている海洋散骨や樹木葬などにもペット用のサービスが登場しているので、いわゆる自然葬を選びたい人も安心です。さらに、お墓を持ちたくない人の中には火葬を行った上で自宅でお骨を保管する手元供養を選択する人も少なくなく、この方法ならいつでも手軽にお参りすることが出来るためより身近に感じたい人に最適です。ペットのお墓といえばかつては自宅の庭に埋めるのが一般的でしたが、近年の住宅事情の変化などで土葬する人は少なくなる傾向にあります。

そのため、最近はお墓についてもペット向けのサービスが増えており、多くの動物愛好者に選ばれています。ちなみに、私有地での土葬については今でも違法ではないので持ち家に庭がある人などは自宅での供養を選択することも可能です。動物の供養では買い主の価値観が重視されるため、多様な選択肢の中から価値観にあるものを選択して後悔のない供養を実現しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です