お墓も様変わりをしてきた東京のスタイル

東京というと、日本を代表する文化の発信地です。1970年代頃から若い世代が田舎から上京をするようになり、ここで学生時代を過ごしたという方も少なくありません。またなかには家族全員で移住を決めたという方も多く、いまでは東京都内で約4000万人以上もの幅広い年代が暮らすようになりました。その影響もあって、昨今では各地でたくさんのお墓も建立をされるようになり、これから霊園を買い求めようという方も大勢います。

そこでここでは、いまの東京を代表する近代的なお墓のスタイルをご紹介しましょう。以前は屋外の広大な敷地に、たくさんのお墓が建ち並ぶ光景が一般的でした。この場合は如何にして広い土地を手にできるのかがカギとなっており、限られた会社でしか施設を建設できなかったわけです。そこで都心型のお墓というものが考案をされるようになり、いまではオフィスビルと一緒に並んで設置をされてます。

どのようなものなのかを具体的に言えば、ビル型納骨堂となっているのが特徴です。遠目でみるとシンプルな窓のない建物ですが、間近にいくとお寺の名前を表記しているのがそれです。さらにマンションやホテルと一体化して経営をしている寺院もあるので、よりわれわれの身近な施設になったこともわかります。このスタイルだと一棟で500名以上の管理をすることも容易で、雨の日でも足元を気にしないで足を運ぶこともできます。

まさに近未来型のお墓としか言いようがありません。東京のお墓のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です